RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Flower life

blog.hanasada.jp
<< 花 材 | main | フラワーフォーム >>
お花を長もちさせるには
0
    植物は、根から吸い上げた水分や養分を、茎の導管を通して葉や花、植物全体へ送ります。吸い上げた水分を、葉の気孔から蒸発させる働きを蒸散作用といいます。この作用は温度が高く乾燥している時ほど多く、逆の場合水分の発散は少なくなります。切り花では、つまり茎の導管をふさぐバクテリアの増殖を抑えたり、 葉から水分の蒸発を抑えたりすると、お花は長もちする訳です。


    hanasada11


    ■お花をいただいたら  アレンジメントは、セロハンをはずし、吸水性スポンジに毎日水を足すと長くお楽しみいただけます。 水漏れにご注意願います。 風の当たる場所、冷暖房の近くには置かないで下さい。花束は、ラッピングをはずし、根元を水中で斜めに切って下さい。花瓶に入れる時は、水に浸かる部分の葉を取り除き水を毎日取り替えると長くお楽しみ頂けます。花はエアコンの風や直射日光があたる場所を避けて下さい。
    鉢物は、セロハンをはずして下さい。表土が白っぽく乾いたら水を与えて下さい。鉢物は種類によってお手入れ方法が多少異なりますのでご注意下さい。
                


    ■購入したお花を自宅に持ち帰ったら、「水揚げ」作業をしましよう。水あげの基本(水きり)  〃圓硫爾里曚Δ陵佞蓮△箸蠅泙后  導管の中に気泡をつくらないように根元を水中で斜めにカットしてください。(茎の切り方) 茎を切る時は、ハサミかFDナイフで茎をいためないように切ります。その時、必ず斜めに切ります。こうすることが茎の導管組織をいためず に、また導管の組織面積を大きくすることで、水が吸いあがりやすくすることになるのです。                       



    ■お花に良い環境は、 お花はエアコンの風や直射日光があたる場所を避けて下さい。毎日きれいなお水に取り替えて下さい。たまに茎の根元を切り直してあげます。




               (有)花定商店【本町店】TEL 049-289-4321
                      【三光町店】TEL 049-281-0354 




    | 花 はな | 21:07 | comments(0) | - | - | - |